便秘は美容の大敵だった!

2016.3.17|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

便秘になると身体が重く常に苦しい気分になりますよね。
女性は男性に比べ便利がちな人が多いと言われます。男性に比べ腹筋が弱いことや、骨盤と腸の配置の問題もありますが、
ダイエットにより食物繊維等の栄養素が不足していることも原因として挙げられています。

しかし便秘は美容の大敵です。
お腹がぽっこりと出てしまい見た目のスタイルが悪くなることは勿論、肌荒れの原因にもなってしまうのです。
便秘になると腸に老廃物や脂肪がたまります。そうしたものが排出されずに留まる事で、腸の代謝だけでなく体全体の代謝も悪くなります。これがむくみやたるみの原因になり、老化に繋がってしまいます。
また老廃物が溜まる事により腸内バランスが崩れ悪玉菌が優勢になり、有毒ガスが発生します。
これが腸から血液に流れてしまうと、肌荒れやにきびの発生に繋がるのです。

体質だからと諦めず、便秘を解消する努力をしましょう。
食事に取り入れて欲しいのは食物繊維と乳酸菌です。乳酸菌はヨーグルトがお薦めですがヨーグルトによって菌の種類が違うので、いくつか試して自分にあった菌を見つけましょう。
食物繊維も不溶性と水溶性があります。不溶性はごぼうなどが有名ですが、取り過ぎると余計に便秘になってしまうことも。
水溶性はオクラや納豆、海藻、なめこ、アボカド、キノコ等に多く含まれています。
不溶性と水溶性をバランスよく摂取し、腸内環境と整えましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。