断食をする際の注意点

2015.12.11|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

断食はダイエットには非常に効果的な方法です。実際、体重の減少が目に見えて実感できるので、挑戦する人も増えてきているのです。一定の期間中、水だけで生活していくことになるので、胃腸を適度に休ませ、体全体のリセットを行うことが出来ます。つまり、ダイエットだけでなく、体質改善や健康のためにも役立つケースもあるということです。
ただ、この断食、素人が自宅で行うという場合にはいくつかの注意点も挙げられます。それはダイエット目的で行う場合、その回復方法を間違えるとリバウンドの可能性をかなり高めてしまうことになるということです。さらに、その方法によっては体調を逆に崩してしまったり、貧血や脱水症をひきおこしてしまうこともあるので注意が必要です。
一般的に断食は自宅で行う場合には最高で3日間、初心者であればより短期間で行うのがポイントとなってきます。まずは半日、もしくは一日と無理のないペースで断食を始めていくのがより安全です。そして、その断食期間が終わったとき、いきなり従来の食事、生活習慣に戻してしまうと胃腸に過度に負担をかけてしまう可能性があります。そこで、より胃腸に優しいおかゆや消化に良い料理を取り入れるようにする、そうすることで胃腸がダメージを負うことなく、さらにはリバウンドを未然に防いでいくことができるのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。