ダイエット中のストレスは貯めないようにしよう

2016.3.17|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ストレスとは日々の生活の中でなくすことはできないものです。それによって、身体は太りやすくなってしまいます。
ストレスが与える身体への影響として、糖尿病や精神疾患になりやすくなる、呼吸が浅くなり太りやすくなる、食欲のコントロールができなくなる、消化不良を起こすなどの影響があります。
ダイエット中でも体重が減らなかったり、食べたいものを我慢するなどといったストレスが付きまといます。
ダイエットをするためにはストレスに強くならなければいけません。そのためにはセロトニンという脳で作られる心のバランスを整える作用のある伝達物質が重要になります。
セロトニンには、ストレスを感じたときに起こしてしまう行動、食べ過ぎやアルコールなどの依存を抑える効果があり、ダイエット中にセロトニンがしっかりと分泌されれば、食欲がとまらなくなるような危険性もなくなります。
また、セロトニンが不足すると自律神経が乱れ、代謝や呼吸、血圧などが乱れて太りやすくなってしまうだけではなく、健康にも害を与えてしまいます。
ダイエット中、このセロトニンを増やすことで、太りやすくなる原因を取り除くことができます。セロトニンを増やす方法として、まず、深呼吸をすることで、たくさん酸素を吸い込み、セロトニンを作り出すことができます。次に運動をリズミカルに行うことも効果があります。スクワットやウォーキングなどをリズムをつけて毎日5分以上こういった運動を行うことでセロトニンを増やすことができます。また、食事の際に良く噛むことも大切です。よく噛むことで満腹中枢を刺激し、セロトニンを増やし太りにくい身体にすることができます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。