顔脱毛の注意点とは

2016.5.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

顔は、隠すことができないので脱毛をするときでも、他の部位より気を付けなければいけないことがあります。まず、まんべんなく施術するのではなく、施術ができる部位が限られています。鼻下やおでこ、もみあげといった部位の施術は可能ですが、失明の恐れがあるために、目の周りの施術は行うことができません。
顔のムダ毛は産毛のような薄い毛なので、効果が出るまでに時間がかかることもあります。10回以上通うつもりで脱毛するようにしましょう。施術のお肌は、とてもデリケートになっているので、いつも以上に保湿を心掛けましょう。化粧水で水分を与えるだけでなく、クリームを使って油分でうるおいをお肌に閉じ込めます。施術した日の飲酒は、血行がよくなることでかゆみや赤みを生じやすいのでやめましょう。施術後に熱を持っていると感じたら、冷たいタオルでお肌を冷やすようにすると効果的です。そのときは、入浴は避けます。
また、脱毛期間中は、日焼けをしてはいけません。これは、施術に使う光が黒い色に反応するためで、お肌が黒くなってしまうと、毛との区別がつきにくく、施術ができなくなるからです。日焼け止めや日傘など、お肌が焼けないように注意しましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。