葛半断食を終えた後の回復食を食べる時の注意点

2015.12.11|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

葛半断食とは他のものは一切食べず葛だけを食べるという方法で、2~7日間続けることで効果が出ると言われています。その食べ方は葛湯にしたり葛練りなど自由で、黒糖や醤油・梅干し・塩などの調味料の使用は許されています。一般的には断食の期間を終えると徐々に普段の食事へと戻していく「回復食」という、胃に負担を与えないための食事をし慣らしていく過程があります。葛半断食の場合は食べる量や回数も自由なため極端に回復食を気にする必要はないとは言われていますが、葛を食べているとはいえ普段よりはかなり少ない食事量になっていますので急な過食はやはり体に負担となります。ですから注意点として断食が終わったからと油っぽい焼肉や天ぷらを食べたり、刺激があるコーヒーやアルコールなどを飲むのは避ける必要があります。また一気にたくさん食べ過ぎてしまったりすると、断食で現れた効果が無駄になりリバウンドするだけでなく健康トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。ですから回復食は出来ればお粥や味噌汁・豆腐・温野菜など体に負担が掛からないものを中心とした食事にして、徐々に体を普段の食事に慣らし体の不調やリバウンドを起こさないように気を付けた方がよいでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。