なぜウエストは太くなってしまうの?

2016.4.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ウエストが太くなる原因は、皮下脂肪の蓄積、女性ホルモンや便秘の影響、内臓下垂などが考えられます。
皮下脂肪が蓄積してウエストが太い場合は、普段から運動やストレッチを行なわず、長時間の立ち仕事やデスクワークで同じ姿勢をとる、椅子に座ると脚を組むなどが原因となります。腹筋を鍛えていないと筋肉は衰えます。筋肉が衰えると使わなかった脂肪が皮下脂肪になりやすく、老廃物などが絡み合うとセルライトになります。セルライトが蓄積すると腰回りは太くなってしまうのです。
女性ホルモンや便秘が影響している場合は、普段からあまり運動をせず、睡眠不足である場合や、ダイエットしてあまり食べないなどが原因になります。加齢により女性ホルモンが乱れると基礎代謝が落ちるため太りやすい体質になったり、便秘にもなります。便秘が原因の場合は、お腹に老廃物を溜めているため腸が膨れて下っ腹が出てウエストは太くなります。
身体の内臓下垂が下がってくると、骨盤が広くなりウエストは太くなっていきます。胃下垂であったり、身体は全体的に細いのにお腹だけが太い場合などが影響しています。
ウエストだけが太い場合は、内臓が弱っていることも考えられます。食べ過ぎ、ストレスなどで内臓が弱ると、身体は内臓を守るため、内臓周辺に脂肪をつけて温めて保護します。お腹だけ太い場合は内臓の調子を整えるために肌八分目などを心がけ、十分に睡眠を取ることが大切です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。