お通じの良くなるレシピで食べながらキレイになろう!

2016.4.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

毎日排便があるのは、身体が健康な証拠です。排便が滞ると、胃腸のトラブルだけではなく、肌も荒れてきますし、また精神面でもイライラしたり不安定になります。いいお通じが出るようにするには、バランスの取れた食事、水分摂取、運動が不可欠です。中でも、食事はとても大きなポイントであり、快便の助けとなる栄養素を含む食べ物が多くあります。
まずは、最もよく知られている食物繊維です。食物繊維を多く含む食べ物は、セロリ、さつまいも、プルーン、バナナなどたくさんあります。セロリは野菜スティックとして生のまま食べてもいいですし、火を通してもおいしいのでスープや肉の煮込み料理に入れて使います。さつまいもはふかしてそのままおやつがわりに、またはお味噌汁に入れてもおいしく頂けます。
次に乳酸菌です。最近では様々な乳酸菌の商品が出ていますが、腸内細菌のバランスを整えてくれます。ヨーグルトや飲むヨーグルトなど、手軽に摂取できるので便利です。オリゴ糖もビフィズス菌を増やしてくれます。毎朝手作りのスムージーやジュースを飲む人は、その中にオリゴ糖をスプーン一杯加えてもいいでしょう。
最後に、マグネシウムです。マグネシウムは便を柔らかくしてくれるので、排便しやすくなります。ひじきや大豆に多く含まれていて、昔ながらの日本料理のレシピにはたくさん出てきます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。