腸を動かす炭酸水を摂るポイントとは

2016.3.17|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

最近注目されている炭酸水です。色々な効果があると言われていますが、良く分からない人もいると思います。今回は、腸を動かす炭酸水の摂り方を考えていきたいと思います。
まず、炭酸水の腸への効果について考えてみましょう。炭酸は、腸を刺激してぜんぞう運動を促し便秘を解消してくれます。
では、摂る時のポイントは何でしょうか。まず、糖分を多く含んだ炭酸水は控えましょう。無糖と表記されて炭酸水があるので、それを選ぶと良いでしょう。そして、硬水を選ぶとミネラルを豊富に含んでいるため、身体にとても良く、お通じを良くすると言えます。マグネシウムは、便通を促す作用があります。ただ、お腹がゆるくなりすぎることもあるので注意は必要です。妊娠中の方の多量な炭酸の摂取は胃に負荷がかかるので避けましょう。飲む時間帯は、朝が良いでしょう。あまりキンキンに冷やさず、常温に近い方が効果があります。ペットボトルだと持ち歩けるので、喉が渇いた際に少しずつ摂取するのも良いでしょう。たくさん摂ればよいというわけではありません。要は、自分にあった量を毎日の習慣にすることが大切です。
このようなポイントを守ることで、日々便秘などに悩んできたあなたも、ストレスから解消されてすっきりとした日々を送れることでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。